2014-10

11/18 Thank you for Tsurugi-no-mai 2014!!!

剣乃舞2014に出演して参りました。

crunch is deadに出演してくれたshuhari主催の野外イベント。

山梨県の山中のキャンプ場を会場にして行われるこのイベント、まさに大自然の中で演奏をする、見る、聞くという非日常空間。

目の前は山の斜面と川。
夜になれば満天の星空という、シチュエーションは、最高の一文字でした。

そんな中LEMONsはいつも通り、全てのアンプを使い、ビックマフ踏んで自然に立ち向かいました。

割と通用しました。
ビックマフは自然に通用する!!

川の音と演奏が混じり合う独特の音空間は、ライブハウスでは決して味わえないなぁ、なんて思いました。

常にホワイトノイズのように傍らで鳴り続ける川の轟音。
すべからく全てがシューゲイザーです。

細かな感想は、和賀の個人ブログにでも譲るとして、このような素晴らしいイベントに呼んでくれたshuhariに、この場を借りて改めて感謝します!

そして会場で一緒に山の空気を吸い、川を眺め、焚き火にあたり、満天の星を見上げながら、音楽を楽しんだみなさん、ありがとうございました。

多分ほとんどの方がLEMONs初見だったと思うんですが、こんな化石のようなことをやってるバンドがまだいるんだぞということで、今後ともよろしくです。

来年も是非でたいなぁ。

 

2014-10-19 09.57.36 HDR

2014-10-19 | Posted in BLOGNo Comments » 

 

10月18日、『剣乃舞2014』に出演します。

来たる10月18日、crunch is dead vol.5にも出演してくれた、shuhari主催の『剣乃舞2014』に出演することが決まりました。

 

 剣乃舞2014

 

山梨県にある、「大渡キャンプ場」というところで開催される野外型イベントです。

テントを張れたり、美味しいフードやBARが出店したり、まさに野外という感じです。

 

出演もバンドだけでなく、Dj、Vj、ダンス等など、多彩です。

 

LEMONsとしても、和賀個人としても野外ライブはほぼ初めてなので、非常に楽しみにしています。

大自然の中で、音楽を楽しみたい人、単純にアウトドアを楽しみながらゆらりとしたい人、是非オススメです。

 

イベントはオールナイトと聞いてます。

夜中の山は真っ暗で、それだけでも異界と言う感じがしますが、そこに音楽があるって、もう完全に非日常。

 

少々遠いですが、車がなくても、電車とバスを使ってのアクセスが可能です。

 

一緒に、自然と音楽を楽しみませんか?

 

野外でビックマフ。ぶち上がりましょう!!

2014-10-10 | Posted in BLOG1 Comment » 

 

OCTOBER’S LIVE SCHEDULE!!

10月のライブスケジュールをお知らせします。

初の野外ライブもあります。

どうぞよろしく。

 

10月18日(sat)

『剣の舞2014』

at  大渡キャンプ場

【open / start 】 12:00 / 14:00

詳細はこちらを御覧ください。

 

10月30日(thu)

at  三軒茶屋HEAVEN’S DOOR

【open / start】 18:30 / 19:00

【adv / door】  1,800yen / 2,3ooyen

【act】 LEMONs / BABEL / HARIJAN / Daisy glitteR / BLUE SUGAR SPIRITS

■21:40~の出演予定です。

2014-10-08 | Posted in LIVENo Comments » 

 

Thank you for 『crunch is dead vol.5』 part2 !!!

9月25日、三軒茶屋Heaven’s doorで開催した、二年ぶりのcrunch is dead。

その様子を、ほんの少しだけ、ご紹介します。

 

まずは、素晴らしい楽曲と歌を響かせつつも、本来の棘が全く隠しきれていない、愛すべき天才、キャタ・ザ・シャドラック。

アコギを持たせても滲み出てしまう、尖った本性。

そしてアコギだから剥き出しになる、楽曲の本質。

DSC_0007 DSC_0020_ DSC_0026

しっとりと良い曲を噛み締めてつつ、フロアの地獄の蓋は、ここで開かれる。

 

 

仙台が生んだ、オルタナモンスター。colossal youtu。

僕が今、カッコいいバンドは? と言われたら間違いなくあげるバンド。

理屈を融解させる、ノイズと衝動。

DSC_0057 DSC_0060 DSC_0107

オルタナティブは、アンダーグラウンドは。

大衆性は、商業性は。

うるせーよ。カッコいいもんはかっこいいし、ブレないものはブレないんだよ。

好きか嫌いか。それだけでいい。

 

 

オルタナティブは、荒々しいだけではない。

嗜好はさておき、音楽であることに変わりはなく、故に深化し、突き詰められていく。煮詰まっていく。

polygonumは、ある種、理想的なオルタナティブバンド。

DSC_0118 DSC_0130 DSC_0139

アクシデントは最高の肴。

耽美と暴力。

オルタナティブは、それでこそ美しい。

 

 

音で酔えるか。

音で倒錯できるか。別次元に行けるか。

いけるはずさ。shuhariが教えてくれる。

DSC_0146 DSC_0153 DSC_0156

脳みそが溶ける。

身体の境界線が曖昧になる、

音が空気を揺らすのを、ただ感じる。それが音楽。

 

 

一緒に、crunch is deadを作ってくれたバンド達です。

ぜひ、触れてみてほしいと思っています。

どうぞ、よろしく。

 

2014-10-06 | Posted in BLOGNo Comments » 

 

Thank you for 『crunch is dead vol.5』!!!

9月25日。
三年ぶりとなる『crunch is dead vol.5』を、三軒茶屋heaven’s doorで開催させていただきました。

 

ご来場のみなさん、出演者のみなさん、heaven’s doorスタッフのみなさん。
本当にありがとうございました。

写真とか、たくさんとったので。ご紹介したいのですが。

今日はご挨拶だけ、させていただきます。

 

約20分押しでスタートした僕らの出番。
セッティングをして音を出した瞬間に、笑ってしまった。

もう、全然ダメ。
耳のトレブルが死んでて、ローしか聞こえないの。

そりゃそうだ。
あんなに音がでかいバンドをずっと聞いてたら死んで当然。
しかも、heaven’s doorで。

 

すっかり忘れていたけれど、crunch is deadってそういうイベントだったわ。

 

この三年間、ペースこそ変われどバンドはやっていたし「帰ってきたぜ~!」とかそういう感じでもない。

かと言って何も感じなかったかといえばもちろんそんなことはなくて、良くも悪くも、今の立ち位置を自覚した。

その上でこれからLEMONsはどんなふうにバンドをやっていこうかな、とかぼんやり考えた。

 

10年来の付き合いの赤澤さんに、スリーピースのほうがいいぞッて言ってもらったり、お世話になってる富樫さんに、二人の曲を作るんだ!って言ってもらったり。
久しぶりに来てくれたLigther190Eのりなちゃんに嬉しい言葉をもらったり。

居酒屋二軒はしごして、最後はcolossal youthのスガイ君と田村くんと、ミチルさんと、始発までコンビニ酒を駐車場で飲んだりした。

 

変わったこと、変わらないことが確かにある。

僕がバンドをする理由は、20歳の時とも、25歳の時とも、27歳の時とも違う。
ただ、今の僕は僕でしかなく、過去の僕と手をつないだところで仕方ないし、未来の僕の肩を叩けるわけでもない。

 

だからなんだといえばそれまでだし、じゃあどうするというと、そういう話でもないんだな。

 

理由なんてとうの昔になくしたような気もするし、もうすでによく分からないんだけど、因果というものがあるらしいので、僕がここにいることにはきっとそれなりの意味があるんだろう。位には思っています。

 

5/8という曲があります。必ずライブの最後にやってる曲。

なんとなくあの曲を歌っている限りは、僕はやめないと思います。

 

君は、自分を信じてますか。

君は、未来を信じてますか。

僕は、僕を信じてます。

 

以上。

また会いましょう。

2014-10-01 | Posted in BLOG1 Comment »