BLOG

Thank you for 『crunch is dead vol.5』 part2 !!!

9月25日、三軒茶屋Heaven’s doorで開催した、二年ぶりのcrunch is dead。

その様子を、ほんの少しだけ、ご紹介します。

 

まずは、素晴らしい楽曲と歌を響かせつつも、本来の棘が全く隠しきれていない、愛すべき天才、キャタ・ザ・シャドラック。

アコギを持たせても滲み出てしまう、尖った本性。

そしてアコギだから剥き出しになる、楽曲の本質。

DSC_0007 DSC_0020_ DSC_0026

しっとりと良い曲を噛み締めてつつ、フロアの地獄の蓋は、ここで開かれる。

 

 

仙台が生んだ、オルタナモンスター。colossal youtu。

僕が今、カッコいいバンドは? と言われたら間違いなくあげるバンド。

理屈を融解させる、ノイズと衝動。

DSC_0057 DSC_0060 DSC_0107

オルタナティブは、アンダーグラウンドは。

大衆性は、商業性は。

うるせーよ。カッコいいもんはかっこいいし、ブレないものはブレないんだよ。

好きか嫌いか。それだけでいい。

 

 

オルタナティブは、荒々しいだけではない。

嗜好はさておき、音楽であることに変わりはなく、故に深化し、突き詰められていく。煮詰まっていく。

polygonumは、ある種、理想的なオルタナティブバンド。

DSC_0118 DSC_0130 DSC_0139

アクシデントは最高の肴。

耽美と暴力。

オルタナティブは、それでこそ美しい。

 

 

音で酔えるか。

音で倒錯できるか。別次元に行けるか。

いけるはずさ。shuhariが教えてくれる。

DSC_0146 DSC_0153 DSC_0156

脳みそが溶ける。

身体の境界線が曖昧になる、

音が空気を揺らすのを、ただ感じる。それが音楽。

 

 

一緒に、crunch is deadを作ってくれたバンド達です。

ぜひ、触れてみてほしいと思っています。

どうぞ、よろしく。

 

2014-10-06 | Posted in BLOGNo Comments » 
Comment





Comment