crunch is dead

Thank you for 『crunch is dead vol.5』 part2 !!!

9月25日、三軒茶屋Heaven’s doorで開催した、二年ぶりのcrunch is dead。

その様子を、ほんの少しだけ、ご紹介します。

 

まずは、素晴らしい楽曲と歌を響かせつつも、本来の棘が全く隠しきれていない、愛すべき天才、キャタ・ザ・シャドラック。

アコギを持たせても滲み出てしまう、尖った本性。

そしてアコギだから剥き出しになる、楽曲の本質。

DSC_0007 DSC_0020_ DSC_0026

しっとりと良い曲を噛み締めてつつ、フロアの地獄の蓋は、ここで開かれる。

 

 

仙台が生んだ、オルタナモンスター。colossal youtu。

僕が今、カッコいいバンドは? と言われたら間違いなくあげるバンド。

理屈を融解させる、ノイズと衝動。

DSC_0057 DSC_0060 DSC_0107

オルタナティブは、アンダーグラウンドは。

大衆性は、商業性は。

うるせーよ。カッコいいもんはかっこいいし、ブレないものはブレないんだよ。

好きか嫌いか。それだけでいい。

 

 

オルタナティブは、荒々しいだけではない。

嗜好はさておき、音楽であることに変わりはなく、故に深化し、突き詰められていく。煮詰まっていく。

polygonumは、ある種、理想的なオルタナティブバンド。

DSC_0118 DSC_0130 DSC_0139

アクシデントは最高の肴。

耽美と暴力。

オルタナティブは、それでこそ美しい。

 

 

音で酔えるか。

音で倒錯できるか。別次元に行けるか。

いけるはずさ。shuhariが教えてくれる。

DSC_0146 DSC_0153 DSC_0156

脳みそが溶ける。

身体の境界線が曖昧になる、

音が空気を揺らすのを、ただ感じる。それが音楽。

 

 

一緒に、crunch is deadを作ってくれたバンド達です。

ぜひ、触れてみてほしいと思っています。

どうぞ、よろしく。

 

2014-10-06 | Posted in BLOGNo Comments » 

 

Thank you for 『crunch is dead vol.5』!!!

9月25日。
三年ぶりとなる『crunch is dead vol.5』を、三軒茶屋heaven’s doorで開催させていただきました。

 

ご来場のみなさん、出演者のみなさん、heaven’s doorスタッフのみなさん。
本当にありがとうございました。

写真とか、たくさんとったので。ご紹介したいのですが。

今日はご挨拶だけ、させていただきます。

 

約20分押しでスタートした僕らの出番。
セッティングをして音を出した瞬間に、笑ってしまった。

もう、全然ダメ。
耳のトレブルが死んでて、ローしか聞こえないの。

そりゃそうだ。
あんなに音がでかいバンドをずっと聞いてたら死んで当然。
しかも、heaven’s doorで。

 

すっかり忘れていたけれど、crunch is deadってそういうイベントだったわ。

 

この三年間、ペースこそ変われどバンドはやっていたし「帰ってきたぜ~!」とかそういう感じでもない。

かと言って何も感じなかったかといえばもちろんそんなことはなくて、良くも悪くも、今の立ち位置を自覚した。

その上でこれからLEMONsはどんなふうにバンドをやっていこうかな、とかぼんやり考えた。

 

10年来の付き合いの赤澤さんに、スリーピースのほうがいいぞッて言ってもらったり、お世話になってる富樫さんに、二人の曲を作るんだ!って言ってもらったり。
久しぶりに来てくれたLigther190Eのりなちゃんに嬉しい言葉をもらったり。

居酒屋二軒はしごして、最後はcolossal youthのスガイ君と田村くんと、ミチルさんと、始発までコンビニ酒を駐車場で飲んだりした。

 

変わったこと、変わらないことが確かにある。

僕がバンドをする理由は、20歳の時とも、25歳の時とも、27歳の時とも違う。
ただ、今の僕は僕でしかなく、過去の僕と手をつないだところで仕方ないし、未来の僕の肩を叩けるわけでもない。

 

だからなんだといえばそれまでだし、じゃあどうするというと、そういう話でもないんだな。

 

理由なんてとうの昔になくしたような気もするし、もうすでによく分からないんだけど、因果というものがあるらしいので、僕がここにいることにはきっとそれなりの意味があるんだろう。位には思っています。

 

5/8という曲があります。必ずライブの最後にやってる曲。

なんとなくあの曲を歌っている限りは、僕はやめないと思います。

 

君は、自分を信じてますか。

君は、未来を信じてますか。

僕は、僕を信じてます。

 

以上。

また会いましょう。

2014-10-01 | Posted in BLOG1 Comment » 

 

『crunch is dead vol.5』 いよいよ明日!!

crunch is dead vol.5

三年ぶりの【crunch is dead】いよいよ明日となりました。

各バンドの紹介もしておりますので、是非checkしてみてください!

 

crunch is dead’s news part1!!『polygonum』

crunch is dead’s news part2!!『colossal youth』

crunch is dead’s news part3!!『キャタ・ザ・シャドラック』

crunch is dead’s news part4!!『shuhari』

crunch is dead’s news part5!!『Dj.Ravikim』

crunch is dead’s news part6!! 『LEMONs』

2014-09-24 | Posted in LIVENo Comments » 

 

crunch is dead’s news part6!! 『LEMONs』

9月25日に三軒茶屋heaven’s doorで開催されます、

2年ぶりとなるcrunch is dead vol.5に向けて、様々な情報を展開していきたいと思っております。

最後となる第六回目は、間に合わなかった世代の復讐としてのgrunge、『LEMONs』です。

LEMONsアー写

Gt./vo. 和賀有史

Dr. 楢山直孝

 

今回の『crunch is dead vol.5』の主催者にして、僕らのバンドです。

2008年の結成から6年がたち、初期のメンバーは和賀だけとなり、二代目ドラムのならちゃんと活動しているLEMONsは、月並みな表現をするなら「二期」的なものなのかもしれません。

今回のイベントは、二年前の最後のイベント『grunge is dead』から二年ぶり、ナンバリングとしては3年ぶりとなります。

 

分かる人だけ分かってくれたらいいんだけど、二年前のあの日で、ある意味、和賀的には一区切り以外のなんでもなくて。
笑っちゃうけど、カート・コベインの影なんざ遠い遠いはるか遠くだったわけです。

 

んで。

だからどうしたと。

 

それがきっと、今のLEMONsです。

足元には変わらずビッグマフがあり、ぶっ壊れたような音で、曲はAメロとサビしかなく、コードは3つか4つしかない。

スイッチをオン・オフしたようなことしかできないですが、恥も外聞もなくまだやっています。

 

思えば、僕の11年って、本当に見向きもされなかったな。よくやってるよと思います。

ただ、本当に見向きもされなかったかというと、明日こうしてイベントをやれるということは、見ていてくれた人がいるということです。

数の話をしたら圧倒的に僕らは無名であるが、何か一つ誇れないものがないかといったらそんなこともないと思う。

 

明日もいつもどおりのLEMONsです。

どうぞよろしく。

 

 

2014/09/25 (thu)

at 三軒茶屋heaven’s door

【crunch is dead vol.5】

open/start 18:30/19:00
adv/door 2,000yen/2,300yen (+11drink 500yen)

act/

LEMONs

polygonum

colossal youth(仙台)

shuhari

キャタ・ザ・シャドラック

Dj/

Ravikim(UNRUCH/UnderGroundMind)

2014-09-24 | Posted in BLOGNo Comments » 

 

crunch is dead’s news part5!! 『Dj.Ravikim』

9月25日に三軒茶屋heaven’s doorで開催されます、

2年ぶりとなるcrunch is dead vol.5に向けて、様々な情報を展開していきたいと思っております。

第五回目は、確かなコアから、縦横無尽な選曲でライブのような体験を演出するロックDJ、『Ravikim(UNRUCH/UnderGroundMind)』です。

Ravikim_Lb_in_font

個人的な若干の補足をさせてもらうならば。

Ravikimは、和賀の盟友であり、共に『UnderGroundMind』として共に地下からアティテュードを発信し続けている、michiru kimuraのDjネームです。

ここまで全てのcrunch is deadのフロアを温めてくれた無くてはならない存在。

もう、付き合いは10年以上に渡り、その話をし出すとキャタ・ザ・シャドラックの紹介以上にスペースを割いてしまいそうなので、涙を飲んで別の機会に譲ります。

 

プレイヤーとしての彼も紹介したいのですが、今回はDjとして紹介させてもらいます。

最近では、今回の会場、三軒茶屋heaven’s doorでのフロアDJとしての活躍が多いRavikimのスタイルは、Punk基盤にしながらもノージャンルのロックDJプレイ。

何より特筆すべきは、ライブを見に来たはずの人達をうならせる選曲のセンスと、しっかりライブステージを立てつつも、間の余白でその日のイベントをしっかり補足強化していくような流れを作ってしまうこと。

音楽への愛と、出演バンドへの敬意がなければ成立しないそのスタイルに、僕はいつも胸を打たれます。
9月25日は、「バンド転換」はありません。その余白は、全てRavikimのライブです!

 

ちょっとだけ、プレイヤーmichiru kimuraの姿をご紹介します。

是非ともチェックして下さい!!

 

2014/09/25 (thu)

at 三軒茶屋heaven’s door

【crunch is dead vol.5】

open/start 18:30/19:00
adv/door 2,000yen/2,300yen (+11drink 500yen)

act/

LEMONs

polygonum

colossal youth(仙台)

shuhari

キャタ・ザ・シャドラック

Dj/

Ravikim(UNRUCH/UnderGroundMind)

2014-09-24 | Posted in BLOGNo Comments » 

 

crunch is dead’s news part4!! 『shuhari』

9月25日に三軒茶屋heaven’s doorで開催されます、

2年ぶりとなるcrunch is dead vol.5に向けて、様々な情報を展開していきたいと思っております。

第四回目は、珠玉の音像空間を生み出す、『shuhari』です。

shuhari

kohei(G)

kotarou(Dr)

kodai(G/B)

 

出会いは今回の会場でもある、三軒茶屋heaven’s door。

僕らのライブを見に来てくれていた、Ravikim(UNRUCH/UnderGroundMind)が、「必聴!」ということで、対バンとしてステージを拝見したんだけど、もう、圧巻。

文句なしでいいって、久しぶりに思ったバンドです。

インスト楽曲と、heaven’s doorならではの映像とのコラボレーションが、ライブハウスでしか確実に味わえない非日常の視覚聴覚体験を運んできてくれます。

爆音、というcrunch is deadのテーマカラーとは少し違うかもしれないけれど、没入感と脳内麻薬の出具合では、間違いなく今回トップクラスの体感を得られるはずです。

是非ともチェックして下さい!!

 

2014/09/25 (thu)

at 三軒茶屋heaven’s door

【crunch is dead vol.5】

open/start 18:30/19:00
adv/door 2,000yen/2,300yen (+11drink 500yen)

act/

LEMONs

polygonum

colossal youth(仙台)

shuhari

キャタ・ザ・シャドラック

Dj/

Ravikim(UNRUCH/UnderGroundMind)

2014-09-24 | Posted in BLOGNo Comments » 

 

crunch is dead’s news part3!! 『キャタ・ザ・シャドラック』

9月25日に三軒茶屋heaven’s doorで開催されます、

2年ぶりとなるcrunch is dead vol.5に向けて、様々な情報を展開していきたいと思っております。

第三回目は、半年の休眠から弾き語りで帰ってきた、『キャタ・ザ・シャドラック』です。

キャタ

Gt/Vo  キタムラ サトシ

 

ここにどう書こうか数秒迷った。

僕にとってはキャタさんはずっとキャタさんなので、バンドのクレジットがどうなっていたか、どれが正しいのかよく思い出せない。

正確には『The Shadrack』のキタムラサトシ氏で、キャタ氏なのだが、HPに行ったらおよそ余分なものは全て排除されており、メンバー表記を確認するものがなかったのである。
なので、今回は「キタムラ サトシ」を一応採用したけれど、今回の表記にもあるように彼はキャタ氏である。

 

約半年ほど前、『The Shadrack』はBaのミツイさんの一時離脱に伴い、活動休止のような状態に入った。
(残念ながらこの日、和賀は足を運べなかったので、ちょっと断定的な事が言えない。)

 

それから、つい最近までキャタさんは潜っていたのである。
何をしていたかって、「3rdを半年くらいひたすら作っていた。」ということである。マジか。

バンドが動けなくて意気消沈……なんてしない。そうやって寡黙にストイックに、音楽をやる人なのだ。あともじゃもじゃ。

 

出会いは僕が前のバンド「猫背不眠症」をやっていた頃で、キャタさんは「Asimov」をやっていた頃からの付き合いなのだが、そのへんはつっつき回すとライブ当日になるので、別の機会に譲ります。

 

幾度となく対バンしたし、『The Shadrack』としてcrunch is deadにも出演してもらっているし、「Goose Love Lemoned」というLEMONsとThe Shadrackの伝説のイベントなんかもあったり。


因縁の深いアーティストなのであります。

今回、唯一歪んでいないという噂もありますが、僕は知っている。

彼が誰よりも歪んでいるということを。マインドが。

是非ともチェックして下さい!!

 

2014/09/25 (thu)

at 三軒茶屋heaven’s door

【crunch is dead vol.5】

open/start 18:30/19:00
adv/door 2,000yen/2,300yen (+11drink 500yen)

act/

LEMONs

polygonum

colossal youth(仙台)

shuhari

キャタ・ザ・シャドラック

Dj/

Ravikim(UNRUCH/UnderGroundMind)

2014-09-18 | Posted in BLOG1 Comment » 

 

crunch is dead’s news part2!!『colossal youth』

9月25日に三軒茶屋heaven’s doorで開催されます、

2年ぶりとなるcrunch is dead vol.5に向けて、様々な情報を展開していきたいと思っております。

第二回目は、「仙台のオルタナモンスター」colossal youthです。

colossalyouth

vo,g  スガイトシオ
1986.10.2 O型

b  豚の悲鳴 ハナサカ(コハリ)ユウジ(23)
1989.1.23 B型

g,cho タムラカツアキ
1987.8.14 O型

dr  おチンポザウルス  オオイズミジンヤ
1992.5.12 A型

 

出会いは数年前。
初めての仙台遠征だった気がします。

楽屋では綺麗な声でピロウズを歌って声出しをしてたスガイ君が、ライブが始まった途端訳の分からないノイズを垂れ流し、ギターをこすり、おとなしそうなタムラ君がギターアンプでひたすらフィードバックを垂れ流し、ユウジはちょっと控えめで、現LEMONsのナラちゃんは一生懸命だった。

なんだ、すげーー愛すべきアホがいるぞ。仙台やべーぞ。となり。
打上げに拉致って、朝までsonic youthとスティーブ・アルビニの話に明け暮れるというオルタナな初夜を過ごした僕らは、以後ツアーのたびに対バンしています。

実はcrunch is deadの常連です。

polygonumの出演が決まった時点で、この二組を合わせたい!と激しく思ったのですが、遠征のついでに誘ったら5秒位で出演が決まりました。
これでこそオルタナです。

現在はナラちゃんが抜けた穴をジンヤ君が埋め、より強靭に、むしろ強靭すぎてハードコアみたいになってきた彼ら。
考えるより感じて下さい。

colossal youth 「colossal loose」

colossal youth 「colossal loose」

是非ともチェックして下さい!!

 

2014/09/25 (thu)

at 三軒茶屋heaven’s door

【crunch is dead vol.5】

open/start 18:30/19:00
adv/door 2,000yen/2,300yen (+11drink 500yen)

act/

LEMONs

polygonum

colossal youth(仙台)

shuhari

キャタ・ザ・シャドラック

Dj/

Ravikim(UNRUCH/UnderGroundMind)

2014-09-13 | Posted in BLOGNo Comments » 

 

crunch is dead’s news part1!! 『polygonum』

9月25日に三軒茶屋heaven’s doorで開催されます、

2年ぶりとなるcrunch is dead vol.5に向けて、様々な情報を展開していきたいと思っております。

まずは今回、一番初めに出演を快諾してくれた 『polygonum』

■Members

Miyuki: Vocals, Guitar

Shigeru Hasegawa: Guitar

Hakase: Bass

Mizuguchi: Drums

出会いは、新宿御苑MERRY-GO-ROUND。

人の良さそうなルックスからは想像もつかないえげつない長谷川さんのギター。

どこかsonic youthを思わせる楽曲に、中央でギターを引くMiyukiさんがキム・ゴードンに見えてくる…!

そんな爆好みのバンドです。

今回crunch is deadを開催するに辺り真っ先に誘ったバンドなのです。


是非ともチェックしてみてください!!

2014/09/25 (thu) at 三軒茶屋heaven’s door
【crunch is dead vol.5】  open/start 18:30/19:00
adv/door   2,000yen/2,300yen (+11drink 500yen) 



act/ LEMONs

polygonum

colossal youth(仙台)

shuhari

キャタ・ザ・シャドラック

Dj/ Ravikim(UNRUCH/UnderGroundMind)

 

2014-09-13 | Posted in BLOGNo Comments » 

 

HP renewal!!

patchworkのtomoちゃんのご協力で、LEMONsのHPが新しくなりました!

9月25日に3年ぶりのcrunch is deadが控えているLEMONsですが、こちらでどんどん情報を発信していきたいと思います。

どうぞよろしくお願い致します!

2014-09-01 | Posted in BLOGNo Comments »